お知らせ

ストレスチェックに関する外部サービスの利用をご検討の方へ

(2015/9/30)

平成27年12月より、常時50人以上の労働者がいる事業場については、ストレスチェック(心理的な負担の程度を把握するための検査)を実施することが義務化されました。

ストレスチェックの実施者は医師や保健師等ですが、産業医が実施者となることが望ましいとされています。

「適切な産業医がいない」「産業医はいるがストレスチェックの対応不可と言われた」ような場合、当事務所提携先の企業(メンタルヘルス対策サービスを提供)をご紹介することができます。